借地権・底地権を売却したい!買取に出したい方必見!交渉から専門的な各種手続きまでをしっかりと対応してくれる東京の優良業者をランキング形式でご紹介!

借地権を業者に売却する際の流れ

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/04/30

東京で借地権買取を専門の業者に依頼する場合に、知っておくと役に立つのが、借地権を業者に売却する際の流れです。借地権の取引は通常の不動産の取引とは異なり、権利の取引であることから、売却のための手順も独自のものになります。ここでは借地権買取を考えている人のために、売却をする際の一連の流れについて詳しく紹介していきます。

買取を依頼する業者の選定と物件の査定

東京で借地権買取を専門の業者に依頼する場合、一番初めにしなければいけないのが、取引を依頼する不動産業者の選定です。不動産に関する知識がない人でも、専門の業者に依頼すれば、法律に適合した形で借地権の譲渡をすることができます。

借地権の取引は通常の取引とは異なることから、こうした取引を専門に扱っている業者を探す必要があります。借地のことに詳しい不動産業者を探す場合には、借地となっている土地を管理している不動産業者に相談する方法もあります。

買取を依頼する不動産会社を決定した場合、次に必要になるのが、業者に依頼して借地権の査定をしてもらうことです。実際に売る場合に重要になるのが、どのような価格をつけて売却するかですが、権利の内容に合った価格をつけることで、双方が納得した形で譲渡の取引ができます。

不動産業者が査定を行う場合には、実際に現地に足を運んで、建物の状態なども調査して価格を決定します。借地権の設定されている建物の状態なども、権利の価格に影響することがあり、建築してから間もない新しい建物ならば高額で取引される場合もあります。

借地権の場合には、建物だけでなく周囲の環境も価格に大きく影響します。物件の周辺に商業施設などが多くあり買い物などもしやすければ、物件自体の価値も上がります。駅から近い場所にある物件も査定価格が上がりやすいです。

借地権の譲渡に関する土地の所有者との交渉

東京で借地権買取を依頼する業者を見つけて、価格を査定してもらった場合には、その価格に納得すれば権利を売却することができます。ただし借地権の譲渡をする場合には、通常の不動産取引とは異なった流れがあるので注意が必要です。

実際に不動産業者と売買に関する契約を結んで売却をする前に必要となるのが、譲渡をする借地権が設定されている土地の所有者との交渉です。自分が所有している不動産に設定されている権利ならば、それを自由に譲渡できるのが原則ですが、他人の所有している土地の上に設定されている権利の譲渡は、所有者の正式な許可が必要になります。

もともと、借地権の設定は当事者同士の信頼関係に基づいて行われることが多いことから、別の人間が権利者になった場合には土地の所有者にとって不利益になる場合もあるので、事前の承諾が必要になっています。

不動産に関して専門的な知識がない人が土地の所有者と借地権の譲渡に関する交渉をする場合には、譲渡する不動産業者に仲介を依頼することもできます。 不動産に対する知識がない人が直接交渉するよりも、不動産売買に対する知識が豊富な専門の業者に仲介を依頼したほうが、交渉がスムーズに進む場合もあります。

借地権の譲渡に関する交渉では、権利者と土地の所有者の双方にとって利益となるような取引ができるように、交渉が進められます。

譲渡の承諾以外の土地の所有者との交渉

東京で借地権買取を専門の業者に依頼する場合、事前に必要となるのが土地の所有者の承諾です。土地の所有者が譲渡に承諾した場合でも、さらに話し合いで決めておかなければいけないことがいくつかあります。

一般的な所有者との交渉の流れで、まず決めなければいけないのは、譲渡を承諾してもらったことに対する土地の所有者への謝礼です。これは承諾料という形で権利者から土地の所有者へ支払われるものですが、金額には一定の相場があります。

譲渡する借地権の価額が3,000万円の場合には、300万円程度が一般的に土地の所有者に対して支払われる承諾料です。こうした所有者に対して支払うべき費用もあらかじめ考慮して、権利の売却によって得ることができる利益を計算する必要があります。

また借地権の設定されている建物の状態によっては、承諾料の支払いとは別の交渉をしなければいけない場合もあります。建物が老朽化している場合で、新しい建物を建設する計画がある場合には、建物を新築することを、土地の所有者に許諾してもらうことが必要です。新しい建物に借地権を設定する場合には、従来の借地権とは別の内容の権利を新たに許可してもらうことが必要な場合もあるので、別途承諾が必要です。

これらの土地の所有者との交渉を全て終えて、権利の譲渡に関する全面的な許可を得たあとにはじめて、業者へ正式に借地権を売却することが可能です。

 

借地権の売却は通常の不動産の売買とは異なった手順を踏んで、権利の売却をする必要があります。借地権の設定されている土地の所有者と、譲渡に関する交渉をしなければいけないことも、借地権を売買する場合の独自の流れになっています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧