借地権・底地権を売却したい!買取に出したい方必見!交渉から専門的な各種手続きまでをしっかりと対応してくれる東京の優良業者をランキング形式でご紹介!

将来底地はどうする?いつかの家族信託より【今】買取の方がいい理由とは?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/25

底地は借地権がついている土地です。ひと昔前は地主と借地人は顔見知りなことが多く、手渡しによって地代のやり取りを行っていました。現在、銀行振込がほとんどで、一度トラブルが起こると解決するのに困難なケースがあります。いつかの家族信託を考えているより、買取の方が便利でお得なことがあります

ひと昔前は借地や借家が当たり前でした

底地は借地権の付いた土地で、地主が他者に貸して地代を得る仕組みです。地主は底地を保有していいて、ひと昔前は借家が当たり前でした。当時は土地の値段がまだ安く、土地を所有したいニーズや意識などは薄かったと言えるでしょう。

しかし借地法・借家法が改正したことによって、借地人の権利が強くなりました。借家と同じように土地が対象になったのは土地の上に借家が建てられることが多く、住む権利を守るため大家の借地権も同時に保護しなければいけなかったからです。

借地借家法が施行されてから、定期借地権が創設され貸した土地は戻るようになりました。地主は安心しながら土地を貸すことが可能になります。

しかし新法施行以前において契約が行われた借地や借家に対して、旧法が適用されるようになります。そのため何かしらのトラブルや悩みなどが起こることになるのです。

東京にはいろいろな底地がありますが、さまざまな整理方法があります。底地を整理する方法として、例えば借地人に底地を買取したり、地主が住む人の借地権買取といった方法を選択することが可能です。

地主と住む人が協力し第三者に売却することもできたり、借地権と底地の交換により土地を分割することによって完全に所有権化することができます。東京では借地権買取を行う人が多く、専門業者に相談するとスムーズに手続きすることができるので便利です。

成年後見や遺言などでないとできないケースがあります

家族信託は遺産を持つ人が自分の老後や介護などに必要な資金を管理したり給付する際、保有している不動産や預貯金を信頼することができる家族に託しながら、管理や処分を任せる家族のための財産管理です。認知症対策として使えると話題になっていて、比較的新しい制度になります。

家族信託のメリットは認知症はもちろん、遺言書より幅広い対応を行うことが可能です。家族信託のメリットとして、被相続人が家族に遺産管理を託すため、報酬は発生しないのが特徴的です。資産家の人だけが対象ではなく、誰にでも気軽に利用することができます。

しかし、家族信託にもデメリットがあり、例えば成年後見や遺言などでないとできないケースもあります。家族信託は財産管理や処分などに必要なアクションを行う者について、成年後見制度は民法において身上配慮義務を規定し、本人の財産管理や身上監護なども念頭においています。家族信託は身上監護に関係する内容も含めることができますが、本人の法定代理人になる成年後見人でないと身上監護ができないケースもあるでしょう。

受託者を誰にするかについて揉めたりトラブルが発生する可能性もあります。家族信託は財産を管理したり処分することができますが、信頼できる家族がいるかがポイントになるでしょう。自分の財産が自分の名義でなくなることに何かしらの抵抗感を持つ人もいて、信頼して任せたのにずさんな管理が行われてると、他の相続人からは不満の声が上がったり何かしらのトラブルになることが多いです。

東京にはいろいろと相談できる専門業者が多いので、適切な処置が行えるようサポートしてくれます。

協力して売り出すことで利益を得ることができます

東京では借地人に底地を買取してもらう人が増えています。地主が底地を売却したい際、高値で買ってくれる可能性が高いのが借地人です。

地主が所有権を住む人に売却すると、借地人は愛着のある用地を100%所有することができます。借地人はこれまで許可が必要だった建て替えや売却を自由にすることができるようになるので便利です。新しく土地を購入すると高い金額になりますが、借地権を持つ土地の底地だとリーズナブルな価格で手に入れることができます。地主は現金が手に入るので、地代管理や税金の支払いなどに頭を悩ますことがありません。

最近多いのは、地主が住む人の借地権買取を利用することです。地主が借地人から借地権を購入することで、地主の100%所有の状態に戻すことができます。土地に建っている家は借地人が取り壊したり、地主が家を買取るなどの方法によって処分することが可能です。住めそうにない古い家は取り壊すことになり、費用について基本的に住む人が持つようになります。支払う資金がない場合、底地価格から取り壊す費用を引いてもらうよう交渉することが可能です。

また地主と住む人が協力しながら第三者に借地権買取を依頼する方法があります。相続することによって借地権を得た場合、使う予定がないこともあるでしょう。借地人も地主も土地がいらないなら、協力して借地権買取を利用することができます。売却代金を分けることができ、利益を得ることが可能です。

底地単独や借地単独などで買取すると、売却価格は低くなる傾向があります。協力しながら売り出すことによって、購入者は100%保有することができ周辺の相場価格に近い金額で売却することができるでしょう。

 

借地権買取を利用すると、家族信託よりもいろいろなメリットを得ることができます。家族間のトラブルを回避することができたり、地主と借地人が協力しながら売り出すことで利益を得ることが可能です。専門業者に相談するとスムーズに解決することができます。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧